ローリングコンバットピッチなう!

AIとか仮想化とかペーパークラフトとか

マイナンバーカード取得への道(後編)

[diary]電子証明書用暗証番号は大文字のみ

昨日、マイナンバーカードを受け取ってきました。
2月初めに申請して約2ヶ月かかりました。

前回のエントリーでも書きましたが交付通知書自体は1ヶ月くらいで来るのですが、わが区は受け取りに予約が必要で、朝の早い時間帯は1ヶ月くらい先まで埋まっているため、約2ヶ月経過してようやく入手できました。

前回のエントリー。
rc30-popo.hatenablog.com




www.kojinbango-card.go.jp

上記公式サイトに書いてありますが、受け取りに必要なものは下記。

  • 交付通知書(ハガキ)
  • 通知カード
  • 本人確認書類

最後の本人確認書類は免許証あるいはパスポート等。
代理人でも受け取れますが、その場合持っていく書類が増えます。

朝9時半の予約で5分くらい前に着いたのですが、すぐに受け付けてもらえました。
最初に持って行った交付通知書と通知カードの確認と回収をされた後、本人確認書類のコピーが取られ、後は貰った紙に署名します。
(何書いてあったかもう忘れた)

それから、暗証番号を書く紙に設定したい暗証番号4種を書く様に言われます。これは回収されず、後からマイナンバーカードに自分で設定する暗証番号を覚えておくために持ち帰るものです。

ちなみに交付通知書にも暗証番号書く欄があったので書いて持って行きましたが、あれは代理人が受け取る時のみ書き込んで目隠しシールを貼るとのこと。
丁寧にマジックで黒塗りして回収されました。(それでも見える気がするけど...)

交付通知書は良く読んだつもりなんですがちょっと判りにくいですね。

ここまで3分くらいで、一旦窓口を離れて、再度呼ばれるのを待ちます。
更に3分くらい立ったところで別の窓口に呼ばれ、そこででっかいタッチパネル付き端末で自分で暗証番号4種を設定します。
4種のうち3種は同じ4桁番号で良く、その場合、入力するのは2種のみです。

この際ちょっと想定外があり、電子署名用暗証番号は英数字6文字以上16文字以下となっているのですが、英字は大文字しか使えないと。
小文字大文字混ぜたものを用意していたのですが、そこで修正を余儀なくされました。
上記の公式サイトには書いてあるのですが、交付通知書では良く判りませんでした。そこは気になったので、何度がチェックしたのだけど、自分のチェックが甘かったのかもしれません。
(最初から公式サイト見ておけば良かった)

で、ここまで区役所到着から10分弱です。

ちなみにマイナンバーカード現物ですが、ちょっとショボくてがっかりです(笑)

こないだハックドラッグで作ったTポイントカードのほうがちゃんとして見えるよ。

まあ、これでコンビニで住民票取り放題です。(そんなに取ってどうする)
じゃ、なくてマイナポイント待ちです。

マイナポイント狙ってる方はくれぐれも早めにマイナンバーカード申請を。