ローリングコンバットピッチなう!

AIとか仮想化とかペーパークラフトとか

やっぱりGoogleは凄いね..Googleが持つ位置情報の力

[technology]ビッグデータとしての位置情報のポテンシャル

GoogleGoogle map等のデータから世界中の「自粛率」を算出して公開したそうです。
gigazine.net

GoogleandroidGoogle mapアプリを使って、googleアカウントを持つユーザーの動きを全てビッグデータとして把握出来ます。
これを使って、商業施設等に出入りする人の数の相対的な変化を数値化出来るわけです。

上記の記事では「商業施設」とか「スーパーマーケット」とか「住宅」とかのカテゴリですが、Google mapの口コミ情報等やGoogle mapから時々くる情報提供依頼とかを見れば、当然ながら、特定のレジャー施設、例えば東京ディズニーランドUSJの来場者数の相対変化も判るはずです。

あるいは日本全国のトヨタのディーラーに来た人の月ごとの相対変化も判るはず。

これ、滅茶苦茶凄い事です。
業種にもよりますが、東京ディズニーランドUSJ等のレジャー施設であれば、来場者の人数変化が、ほぼ売上の変化に直結するでしょうから、過去の来場者数と売上の関係と、Googleが把握している来場者数と例えば東京ディズニーランドが投資家向けにレポートしている来場者数の関係から、だいたいディズニーランドの売上の増減が予測出来るはずです。

他にも人の出入りが売上に直結する様な業種では、業績のアップダウンがかなり見えるはず。
自分ならこのデータ使って株の売買やりますが、こういうデータの使い方って、法律的にどうなんでしょうかね?

別にインサイダーでは無いと思うのだけど。

まあ、商業施設の来場者数やクルマの売上なんかは、Twitterとかのトレンドとかからでも推定可能な気がするし、ある程度シェアのある位置情報ゲームのベンダー(ナイアンテックスクエニ)でも、やろうと思えば推定出来るのかなとも思います。
SNSのトレンドから株価の予測とかは結構やっているんじゃないかと思うけど、位置情報からの来客数割り出しは割と直接的でがんばれば精度上がる気がするので、誰かがそういう事始めると市場がぶっ壊れたりしないかなとも。

ちなみに企業の売上予測という意味ではコンシューマ製品の売上なんかはAmazonもものすごくデータ持っているはず。
既にGoogleAmazonは神の目を持っているのかもしれません。

各国政府があの手この手で規制しようとするわけです。

【備忘録】Angularでerror NG6002が出た際の対処

[angular]error NG6002


最近、ちょっとAngularをやってみようと思い、以下のサイトのangularのチュートリアルをやっていたのですが、「モーダルダイアログを表示する」というところで、下記の様なエラーが出てしまいました。
www.tohoho-web.com

    ERROR in node_modules/@angular/material/dialog/dialog-module.d.ts:8:22 - error NG6002: Appears in the NgModule.imports of AppModule, but could not be resolved to an NgModule class.
    
    This likely means that the library (@angular/material/dialog) which declares MatDialogModule has not been processed correctly by ngcc, or is not compatible with Angular Ivy. Check if a newer version of the library is available, and update if so. Also consider checking with the library's authors to see if the library is expected to be compatible with Ivy.

最初は自分のtypoだと思って、何度も写経したソースを確認しましたが、間違っているところは無さそうです。
色々ググッて調べたのですが、似た様な事例は例によってstackoverflowとかに出ていて、真の原因は判らないものの、npm ciコマンドを実行してnode_modules配下の依存性を再解決?させると良いと分かりました。

アプリのディレクトリからnpm ciを実行します。

$ npm ci
npm WARN prepare removing existing node_modules/ before installation

> fsevents@1.2.11 install /home/toy/angular_test/my-app/node_modules/webpack-dev-server/node_modules/fsevents
> node-gyp rebuild

make: Entering directory '/home/toy/angular_test/my-app/node_modules/webpack-dev-server/node_modules/fsevents/build'
  SOLINK_MODULE(target) Release/obj.target/.node
  COPY Release/.node
make: Leaving directory '/home/toy/angular_test/my-app/node_modules/webpack-dev-server/node_modules/fsevents/build'

> fsevents@1.2.11 install /home/toy/angular_test/my-app/node_modules/watchpack/node_modules/fsevents
> node-gyp rebuild

make: Entering directory '/home/toy/angular_test/my-app/node_modules/watchpack/node_modules/fsevents/build'
  SOLINK_MODULE(target) Release/obj.target/.node
  COPY Release/.node
make: Leaving directory '/home/toy/angular_test/my-app/node_modules/watchpack/node_modules/fsevents/build'

> core-js@3.6.4 postinstall /home/toy/angular_test/my-app/node_modules/core-js
> node -e "try{require('./postinstall')}catch(e){}"

Thank you for using core-js ( https://github.com/zloirock/core-js ) for polyfilling JavaScript standard library!

The project needs your help! Please consider supporting of core-js on Open Collective or Patreon: 
> https://opencollective.com/core-js 
> https://www.patreon.com/zloirock 

Also, the author of core-js ( https://github.com/zloirock ) is looking for a good job -)


> @angular/cli@9.0.5 postinstall /home/toy/angular_test/my-app/node_modules/@angular/cli
> node ./bin/postinstall/script.js

? Would you like to share anonymous usage data with the Angular Team at Google u
nder
Google’s Privacy Policy at https://policies.google.com/privacy? For more details
 and
how to change this setting, see http://angular.io/analytics. No
added 1322 packages in 107.965s


   ╭────────────────────────────────────────────────────────────────╮
   │                                                                │
   │      New minor version of npm available! 6.13.4 → 6.14.4       │
   │   Changelog: https://github.com/npm/cli/releases/tag/v6.14.4   │
   │               Run npm install -g npm to update!                │
   │                                                                │
   ╰────────────────────────────────────────────────────────────────╯


途中で「? Would you like to share anonymous usage data with the Angular Team at Google under Google’s Privacy Policy at https://policies.google.com/privacy? For more details and how to change this setting, see http://angular.io/analytics.」とか聞かれるので、'N'と答えておきます。

で、これの後に手動でインストールしていた@angular/materialを再インストール。

$ npm install --save @angular/material @angular/cdk
+ @angular/cdk@9.2.0
+ @angular/material@9.2.0
added 3 packages from 8 contributors, updated 2 packages and audited 15585 packages in 20.812s

35 packages are looking for funding
  run `npm fund` for details

found 73 vulnerabilities (72 low, 1 moderate)
  run `npm audit fix` to fix them, or `npm audit` for details

なんかvulnerabilities(脆弱性)が73件見つかったとか出ていますが、取り敢えずこれは後回しにしてng serveを起動するとエラーが取れました。

Angular、面白いのですがAngularのせいなのか、npmのパッケージ管理のせいなのか、結構変なところでハマります。
あと、DI(依存性注入)とか概念は判るものの、ng gとかで生成される各コンポーネントソースコードの関係とかがなかなか頭に入ってきません。
もう少しやって、判る様になったら整理してみたいと思います。